美的生活ブロガー 旬な口コミ

敏感肌、乾燥肌に負担の少ない低刺激スキンケア化粧品や健康ドリンク、美しく痩せるダイエット商品を紹介してます。

スキンケア化粧品の基本・選ぶ基準

クレンジングの方法基本

メイクアップ料が、ホコリや排気、タバコの煙や花粉、皮脂や汗と混ざり汚れになります。クレンジングで大事なのは、どれだけ肌に負担をかけないで落とせるか。

クレンジングは肌に負担

覚えておきたいのは、クレンジングは肌に負担をかけやすいものだということ。

クレンジングは基本、界面活性剤と油分から出来ていて、この界面活性剤が肌に少なからず刺激を与えてしますものなんです。

だから、クレンジングの正しい選び方や使い方が美肌へのポイントに。クレンジングの基本は油分でメイク汚れを浮かせ、界面活性剤で乳化し、汚れを水で流し落とす。

ですから、メイクを浮かせる適度な油分があり、界面活性剤が多すぎないものを選びましょう。ひとつの目安としては、洗浄力が強いもの、また、メイクとクレンジングをなじませたあと、簡単にさっと洗い流せるものほど界面活性剤の量が多いとされます。

そして、適度な固さのあるものを、ゴシゴシと肌を摩擦してしまうと、肌をいっそういためてしまうことになります。シートタイプやふき取りタイプは、摩擦がとても強いものなので注意。では、何を選んだらいい?と思ってしまいますよね?

おすすめは洗い流せるクリームタイプ。油分のバランスがよく、メイクの落ち具合もいい。適度な固さがあるので、摩擦で肌をいためる心配もすくなくなります。

朝洗顔の基本

肌美人が大切にしている洗顔。余分な皮脂や汚れをしっかり落とすことでニキビやシミやシワの原因を取り除きます。

時間の経った皮脂こそ美肌の敵

しっとりする効果をうたう洗顔の多くは、油分を多く含み、肌に油膜を残します。
これがしっとりしていると感じる正体。この油膜が洗顔後につける美容成分の浸透を妨げていることがあるんです。

洗顔の基本は落とすもの。皮脂は雑菌などから蒸発を防ぎ、肌を守ってくれますが、分泌されて時間が経つと、老化を促進してしまう物質に、この油分は水ではなかなか落とすことができないんです。これを放置していたら肌トラブルになるのは当然ですよね。

朝起きたら洗顔料を使って皮脂を洗い流すことで、メイクの透明感もバッチリ!
寝ている間に肌の上には皮脂やホコリが溜まるもの。できるだけ早く取り除きたいですよね。

洗顔料を選ぶ基本

皮脂をきちんと落とすものが重要。選びやすいのが固形石鹸。泡立てて、皮脂や雑菌をきちんと落とすことが大切です。

肌を傷つけない洗顔の基本

肌を痛めない洗顔の基本は、たっぷりの泡で、お豆腐を洗うようにやさしく洗うこと。目安1分です。スピーディーに汚れや皮脂を取り除くことを大切にしてくださね。

化粧水の基本

日本の女性が化粧水好きが多いのは有名な話。お肌をうるおいで満たしてくれる魔法の水のように保湿に願いをかけて…

化粧水は完璧に保湿をしない

保湿とは外からの水分補給ではなく、身体の中からわき上がってくる水分をしっかりキープすること。

肌の中にある「キープできるように働いてくれる物質」は、間違ったクレンジングや不規則な生活、加齢などにより、キープ力が弱まり、水分が減り乾燥する。この保湿成分は美容液やクリームで補うことが出来るんですよ。

何度も化粧水を重ねたとしても、それは肌表面を湿らせている程度でしかありません。

美容業界では化粧水を取り入れて無い人は実は多く、肌にとって不可欠ではありません。では化粧水は何のためにあるのか?

本当の役割は、肌の表面を整え、美容液の浸透がよくなる道筋を作ること。美肌をつくるための土台を整えるイメージです。

メイク前の即効パック

大切な予定の前日は、大き目のコットンに化粧水を浸して、3~4枚に裂いて顔全体にパック。こうして土台を整えて、美容液たっぷりのシートマスクをします。このダブルパックで翌朝のお肌はツヤ、ハリ、キメ、透明感、どれも極上肌に。

時間がない朝、顔色が悪いときやキメが乱れているときも、この方法で3分間化粧水パックと美容液マッサージでくすみがなくなり、肌の色が一段明るくなって、メイクのノリもアップ♪次の成分は水溶性美肌成分として化粧水に配合したほうが効を発揮してくれるものです。配合成分表示をみるときの参考にしてみてくださいね。

ニキビ・シミ・しわ・毛穴の開きやたるみ

ビタミンC誘導体やナイヤシン、コラーゲン。

エイジングケア

オウゴンエキスやリコピン、保湿成分のアミノ酸、ヒアルロン酸。

美容液の基本

白く澄んだ肌になりたい、もっちり湿度のある肌になりたい、その道を作ってくれるのも美容液の力。

美容液なくして美肌はつくれない

美肌美人はみんな運命の美容液を探し続けています。美容液とは、美容成分が凝縮して配合され、効果が強いもの。それらの成分が一番効果を発揮する部分まで浸透するように作られています。

保湿ならセラミドやヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン。アンチエイジングならレチノールやナイアシン、ビタミンC誘導体。美白ならカモミラETやビタミンC誘導体、アルブチン、プラセンタエキス。こんな風に自分がどんな肌になりたいか、それにはどんな成分を選べばいいか知ることも重要です。

美容液選びの秘訣は美肌の核である、保湿をはずさないこと。保湿の美容液に望みに合った美容液をプラスする、保湿の効果を高めるものを選びましょう。

保湿と美白、アンチエイジング

気になる部分にはたっぷりと重ね塗りがポイントです。
普段は使用方法の適量を使うこと。乾燥しているときは、もう一度同じ量を重ねて。肌が湿っているほうが浸透がいいので、洗顔後、軽くタオルで水気を吸い取ったあとか化粧水のあと。すぐ重ねるのがおすすめです。

とっておきの美容液は誰かに触れられるということ。エステティシャンやエステさんの手でも効果はありますよ。

クリーム・乳液の基本

肌美人が大切にしているクリーム・乳液。目元のツヤ、ハリ、キメは平均24歳で低下していきます。余分な皮脂や汚れをしっかり落とすことでニキビやシミやシワの原因を取り除きます。

クリームや乳液を使うべき

クリームや乳液は、油分を補い保湿力を高め、外的要因からも肌を守ってくれる役割をもってます。

上から重ねることで、化粧水や美容r期で入れ込んだうるおいや栄養を肌の奥にお届けてくれたり、逃げないように守ってくれる頼もしい化粧品なんです。どちらも油分を補ってくれますが、どちらかというと、乳液は肌をふっくらやわらかく、クリームは潤いをしっかり密閉し、肌をガードする力が強い。

乳液やクリームには、軽くみずみずしいものから柔らかいものまでさまざま。自分の肌に合い、つけていて心地よいものが必ずあるはずです。

クリームとは?

クリームの方が脂分は多いもの。一般的に油分が多いほど、こくがありしっかりした手触りになります。乾燥がひどいときや乳液では足りないとき、ケアの満足感を味わいたい方、エイジングケアがしたい方に使ってみてもらいたいです。

乳液とは?

乳液は、水分と油分が同じくらいか、水分の方が多いもの。私たちがもともと持っていて肌を守ってくれている皮脂幕に近いバランスで作られています。一般的水分を多いほどさらりとした手触り。肌がゴアゴアしているとき、キメが乱れているとき。肌を柔らかくしたい人、クリームでは油分が多い人におすすめ。

肌の4タイプ

>毎日鏡を見て、触れて、肌が求めているものを知るのって、とても大切です。お肌のサインを見逃さないようにしましょう。

ノーマル肌のタイプ

特に突っ張る感じもなく、だんだんと潤う。
水分量が多く、油分も適度なバランス、キメが整い、やわからい。ツヤもある。

オイリー肌のタイプ

ベタッとした皮脂が浮いてくる。
油分が多め。毛穴が大きく、ニキビが出来やすく悪化しやすい。キメが荒く、化粧崩れしやすい。

混合肌のタイプ

ベタつきとつっぱる感じが両方。
油分が多く、水分が少ない。テカるのに乾燥もする。肌トラブルが多い。

混合肌のタイプ

ひきつり感がひどい。
水分・油分の両方が不足。刺激を受けやすく、全体的にカサつき、くすみがち。

更新日:

Copyright© 美的生活ブロガー 旬な口コミ , 2017 AllRights Reserved.